一番左の木を除いて、すべてさわし柿の原料柿(刀根早生柿)の木なんですが、

収穫初日なのに、ほとんどなっていません。

 

生産者さんも、今年は、収穫量は非常に少ないと、嘆いておられました。

 

2016-10-21 12.33.33.jpg

 

本来なら、こんな感じで実っていないといけないのですが・・・。

(今年の木の様子です。まだまだ実のつけかたが、例年に比べ少ないです。)

2016-10-21 10.36.08.jpg

 

 

柿の木の上て渋抜きをした、美味しい柿を収穫しました。

 

渋柿を収穫し、アルコールで脱渋するより柿にストレスを与えることが少なく、

柔らかく熟すまでの時間が長くなり、シャキシャキ感が長く続きます。

 

今年は、早春の時期の霜、夏の日照り、秋の台風と被害が多く、収穫できる

柿の数は、例年の半分以下だ、と生産者さんの声。

 

かつ、柿の表面は、ボロボロ。 台風による葉擦れのためです。

 

とりあえず、限定数のお客様用の柿を収穫させていただきました。

 

発送準備をし発送しました。 生産者さんの収穫状況を見ながら、

さらなる発送の余裕があるか、確認してもらっています。

 

2016-10-21 10.35.41.jpg

 

2016-10-21 10.35.52.jpg

 

2016-10-21 10.35.58.jpg

 

2016-10-21 10.36.08.jpg

 

2016-10-21 12.32.33.jpg

 

 

1